すきま時間を過大評価するのはもう辞めろ

僕はもう世の中にうんざりですよ。
だいたいなんなんですか?

馬鹿の一つ覚えみたいに「すきま時間を有効活用しろ。」とか「1日たった20分でも1ヶ月で600分(10時間)になる。それを一年間続ければ120時間になる。
120時間あれば◯◯の資格に合格できる。10年あれば公認会計士などの難関資格にも合格できる」とか言ってますがあなたたちは病気か?
確かに、スマホで無駄に使った時間を有効活用しろみたいな感じで例としてあげるならまだ分かりますよ。でもあなたたちは明らかに本気で言ってるよね?
それなら自分で難関資格でもとってくれ。
すきま時間有効活用教という宗教に入っているあなたたちはトイレに入ってる間も通勤時間も風呂に入っている時間も1秒たりとも無駄にせず勉強してるの
か?そんなこと出来ないよね?というかどうせ人に言うだけ言ってやってないよね。
大体みんなそろいも揃ってすきま時間を過大評価しすぎなんだ。
どうせ何かやるならまとまった時間をとった方が良いに決まってる。すきま時間というのは所詮すきまでしかないのだ。

しかし何故こんなに急にすきま時間を有効活用しようとする宗教が現れ始めたのか?

思うにこのすきま時間有効活用教という宗教を流行させたのはあくまで体感だが学校の教師(特に高校の英語の教師)に多い気がする。
英語の教師に多いと言ったのは大学受験の英語はほぼ英単語の暗記で決まるという性質があるからだ。そして暗記はすきま時間にと考える人が
多いから必然的に高校の英語の教師はこの宗教に属していてそれを広めようとしてくる人が増えるわけだ。

おそらく皆さんもこんな事を言われたことがあるだろう。
「テレビのCMの時に英単語を開く癖をつけろ」
「通勤の時間で英単語を見る癖をつけろ」
「英単語はパッとみて覚えられなかったら印をつけて2周目で覚えろ」
それを続けるだけで一年後だいぶ変わるぞみたいな事を言ってくるが果たして本当だろうか?
僕はむしろ逆効果だと思っている。どういうことかというと中途半端に勉強することでやった気になってしまうという危険性があるということだ。
頭に入ってなくても勉強したという実績は残るのでそれで満足しがちになる。
幸福論という本でアランが「だらだら勉強すると疲労感がたまるだけだ」と言っていたが正にその通りでどうせやるならきっちり時間を決めて
本気で取り組むべきだ。
そして覚えようとしている対象に対して強く注意を向けることが必要になる。参考書を5周すれば自然と覚えるみたいな事を言ってくる人がいるが
あまり信じない方が良い。基本的に本気で覚えようとしなければ使えるようにはならないと思っていた方が良い。
そして、そのためにはまとまった時間が必要である。すきま時間を有効活用しようとして疲労を貯めるくらいならすきま時間はしっかり休み
まとまった時間が取れた時に徹底的にやる事を心がけよう。
それが今日の僕からのアドバイスだ。
ちなみに自分も現在出来ていないので、空いた時間に勉強して勉強した気になっちゃう自分への戒めでもある。

ある制度や仕組みが無駄であるかどうか判断する方法

自己紹介
ブログ初投稿になります。
僕がブログを始めた理由は世の中にどれだけ無駄があるかを多くの人に気づいて欲しいからです。
詳しくは今後、投稿することになりますが今思いつくだけでもキリがない位たくさんあります。

長時間通勤、一円にもならない仕事、長電話、仲介手数料でしか儲けることの出来ない会社(人材派遣会社など)、
国会でのヤジ、消費税をあげるかどうかの議論などがある。

しかし、多くの人はその制度や仕組み自体が無駄かどうかを考える視点が無いということに最近気付きました。

例えば、通勤時間が勿体無いからと言って必死に情報収集や読書をして時間を有効活用する事を考えるひとがいますが、僕ならまず通勤そのものが無駄であるかどうかを考えます。
いくら効率化しても効率化する対象そのものが無駄なら何の意味も無いからです。

そして、そう言った極端な思考ができるのが僕の強みであるし、それを社会に広げることによって世の中の無駄を減らしていけたらと思っています。

ということで前置きが長くなりましたが本題に入ろうと思います。

ある対象が無駄かどうかを判断するにあたってするべきことは3つあります。

1,メリットとデメリットを挙げること
まずはメリットとデメリットを挙げましょう。具体的にはそれによって誰が得して誰が損するのか、また、社会にとってどのような影響を与えているのかなどを自分で考えます。ここで社会全体に対して相当のメリットがあると思われる場合は
それは無駄ではないということになります。そうでない場合は次のステップに進みましょう。

2,背景について調べる
次に背景について調べます。それがどのような理由で存在しているかや、いつ頃からあるのかについてインターネットや書籍などで調べます。理想は複数の書籍や複数のサイトを使って調べることです。
ここはいわゆる調査に当たるフェーズであり、調べると簡単には書きましたが、調べる対象によっては文献がなかなか見つからないということもあり、かなり骨が折れます。

3、今も存在している理由について考える
次に今も存在している理由について考えます。ただ単に既得権益を守るためだけに存在している場合もあれば何かしらの正当な理由が存在している場合もあるかもしれません。もしかしたら、何の理由もない場合もあるかもしれません。
世の中の制度や仕組みというものは必ず何らかの意図や何かの結果として生まれるものですがそれが存在している理由はない場合もあるということは覚えておきましょう。
つまり、時代が変わるにつれ、世の中の常識も変わりますが制度がそれと一緒に変わるとは限らないのです。実際、日本ではインターネットの発達など多くの歴史的転換がありました。
日本国憲法が成立してから約70年ほど経ち、生活も大きく変わったものの未だに憲法は一回も改正されていません。ぜひその理由を探ってみましょう。

そして最後にこれらの三つを考慮して無駄がどうかを判断します。
実際にはもっと色々な事を考慮しないといけないですが大まかにまとめるとこんな感じになります。
皆さんもぜひこの方法で世の中の無駄を炙り出してそれをネットなどで発信してみてください。
少しでも無駄を無くしていきましょう。